家族カードでクレジットカード入会
交通事故とむち打ち症と慰謝料請求
当サイトは皆さんに少しでもムチ打ち症の恐さと、ちゃんと治療を
継続する重要性、そして保険会社や医療費、慰謝料に関する情報を
知ってもらいたくて作成しました。


スポンサードリンク


別の記事で私の交通事故の体験談をお話しますが交通事故による
影響というのは非常に大きなものです。交通事故にあった瞬間や
直後は平気だと思ってもだいぶ後から急に痛みが出たりもします。


私の場合もそれに近い感じでした。でもはっきりいえるのは
事故直後よりも3ヵ月後の方がずっとしんどかったです。仕事も
ろくに手がつかないですし、睡眠もキチンととれず痛みと寝不足と
ストレスで精神的にもかなり苦しい時間を過ごしました。


8年経った今でも正直完治しているという感じがしません。


最近になって脳髄液減少症(低髄液圧症候群)と診断されました。
これについても後で詳しくお話します


ところで脳髄液減少症に関しては、交通事故との因果関係が
不明瞭ということで保険でカバーしてくれないというケースが
あるようです。


いずれにせよ、交通事故にあってしまったら自分の損害は自分で
きちんと訴えないと生活が苦しくなるほどの状況に陥るという事を
知っておいてください。医療費もばかになりません。できる仕事も
限定されてきます。痛みはなかなか他人には理解してもらえません。

だから自分がしっかりするしかないんです。弱音を吐いても
生活は改善しません。交通事故の処理なんて警察や保険会社を
頼りにしていてはだめなのです。

自分がしっかりしなくては!

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」


ムチ打ち症って何?

 車の追突事故などに限らず、接触プレーが多いラグビーやアメリカン
フットボールなどによって、急激に首が前後または左右の方向にしなり、
首の周りの筋肉などに損傷を受けることがあります。そのような事故や
怪我などによって起こる症状が一般的に『鞭打ち症(ムチ打ち症)』と
呼ばれています。

 一般に広くムチ打ち症と呼ばれていますが医師の診断書などでは
『外傷性頚部症候群 (がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)』、
『頸部挫傷(けいぶざしょう)』や『頚椎捻挫(けいついねんざ)』
など様々な傷病名が使われています。

 ムチ打ち症の主な症状としては首の痛みの他に吐き気、頭痛、疼痛、
しびれ、めまい、耳鳴り、眼精疲労、目のかすみ、倦怠感など様々な
症状があります。

 私の場合は後年脳髄液減少症(低髄液圧症候群)という診断を受けました。
脳脊髄液圧の症状としては、頚部痛、慢性的な頭痛、嘔気、めまい、倦怠感、
視力障害、思考力低下、記憶力低下などの不定愁訴が例として挙げられます。
私の場合は特に倦怠感がひどく周囲の人になかなか理解してもらえないのが
非常に心苦しい所でした。

 
タグ:交通事故 慰謝料 保険会社 自賠責保険 後遺症 後遺障害 脳髄液減少症 不定愁訴 倦怠感 線維筋痛症 慢性疲労症候群 胸郭出口症候群 手根幹症候群
posted by 鞭打ち症被害者 at 12:42 | 交通事故とムチ打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。